子供のためのプロバイオティクス

プロバイオティクスは、彼ら彼ら自身の毎日の健康療法に追加した健康志向の大人は頻繁に子供ができるかどうかを検討するプロバイオティクスサプリメントの恩恵を受ける。

だけでなく、子供や幼児のニーズに対応するために策定特別プロバイオティクスブレンドがあり、一部はであってもご利用いただけます良い味チュアブル錠、それが簡単にあなたの子供にそれを取るために作る。

これらのサプリメントを提供しない子どもとどのような利点のための最高のプロバイオティクスとは何ですか?

子供たちは大人より少ない免疫を持っている傾向がある。

赤ちゃんが少し免疫を持って生まれている 、彼らはゆっくりと彼らの中の病原体にさらされている良好な環境を構築すると免疫機能です。

これは、彼らが食べる食べ物を介して行われ、彼らは物事に触れる。一般的な小児の感染症は、細菌皮膚感染症を含みます。

耳の感染症や喉の感染症(連鎖球菌のような)これらは、通常、抗生物質で治療されている。

広域抗生物質は感染の本体を取り除くだけでなく、良いのストア枯渇させるために迅速に作業(プロバイオティクス)子供のバイオーム内に存在する細菌をこの減少は、ボイドを作成します、可能な限り迅速に体を鎮めるためにしようとしている。時々、これは抗生物質関連下痢や他の腸疾患につながります。

子供のためのプロバイオティクス

これを通して一つの方法健康を維持するためのプロバイオティクスの作業が競合的排除と呼ばれるプロセスを介して行われこのプロセスの間、良好な細菌が悪い細菌がコロニー形成する場所がない程度に腸をコロニー形成する。

これらは、同じ空間を占有することができないので、病原菌が変位します。

子供のためのプロバイオティクスの他の有益な効果は、将来的に伝染性の細菌感染症を撃退助けることができる優れた免疫機能の促進である。

研究は明らかに消化管の微生物叢は、直接免疫系に影響を与えることを示しています。実際には、50%以上、私たちの免疫系の腸内で見つかった場合。

細菌叢のバランスが腸内毒素症の状態にあるときは、その結果の一つが不適切または不適切な免疫応答することができます。

一部の人は、子どもを含む、このなどの自己免疫疾患につながることができ、消化管の炎症性疾患、重要な耐性を強化する免疫システムを維持する最適な機能です。

プロバイオティクスは、就学前の子供の呼吸器疾患の発生率を減少させることが実証されている。

誌に発表された研究では 小児科、毎日のプロバイオティクスをした就学前の子供 3ヶ月の期間にわたってはあまり下痢とプラセボを与えられた子供よりも少ない呼吸器感染症を持っていました。

メリット

さまざまな方法で良好な消化器の健康は、子供のためのより大人のために重要であり得ます。例えば、トイレトレーニング中に、腸内細菌叢のバランスを定期的に消化管を通って移動する事を保つのを助けることができる。これは、子供が定期的に慣れることができます、頻繁な排便。

頻繁に便秘や鼓腸を扱う子供(ガス)は、多くの場合、植物相に彼らの不均衡を持っている。

これはイライラすることができ、不快と子供たちに恥ずかしいです。

補充プロバイオティクスの適切では、快適で安心して気持ちの違いを意味することができ、あるいは学校や社会的状況を容易に不快や病気です。

おそらく、子供のための腸内細菌叢のプロバイオティクスの障壁のいくつかの種類は、最も一般的に使用されている。

それが原因で食生活の変化とすることができる、胃の感染症、またはあまりにも多くの砂糖、より一般的には、抗生物質の処方です。

機能を回復するために早くそれができるように道を消化器、健康な成人の適切な免疫機能と、それが取ることができる。

いくつかの小児科医は、病原性微生物の中にウィンドウを与えられている抗生物質とこれらの患者のプロバイオティクスのために提案をします。